簡単ではない施工管理への転職

施工管理に転職するといっても、簡単にはいきません。

施工管理技士は工事現場の規模が大きくなるほど、施工管理者にも高いスキルが必要になります。

◆施工管理技士の資格取得に関して

施工管理技士の資格を取得するには、受験資格があるのでそれをクリアしていないと、施工管理技士として認められないので、施工管理技士の仕事はできません。

施工管理技士は国家試験を受け、それに合格すればなれますが、受験資格が意外と厳しく、受験できる人数もある程度限られています。

そのため試験開催が都心になる事も多く、地方ではあまり行われません。

受験資格があるなら、ネットからも申込ができます。

試験を行う団体がいくつかあるので、団体によっても人数や受験日が変わってきます。

◆資格取得後の転職

施工管理技士に転職するには、資格を取得しなければいけません。

資格さえ取得すればOKとなるわけではなく、1級の場合は、2級を取得してから数年の実務経験を積まないと試験が受けられません。

簡単に取得できる資格ではありませんが、取得できれば出来る仕事なども増えますし、責任が大きくなる分、年収も高くなっていくでしょう。

施工管理技士の資格を取得するためには、学科と実地の2種類の試験に合格しなくてはいけません。

◆まとめ

施工管理技士の資格試験で、学科試験には合格だったが、実地試験に不合格だったという場合、1年間だけ学科試験が免除になるので、その間に実地試験に合格出来るよう目指しましょう。