転職で年収はどのくらい変わる?

施工管理技士は国家資格となるため、転職するにも資格が無いと話になりません。

年収が良いと言われていますが、実際にはどのくらいになるのか?平均からチェックしてみましょう。

◆施工管理技士の平均年収

施工管理技士への転職理由が、年収がいいから、という人もいます。

施工管理技士の転職をして実際にどのくらいの年収になるのか、平均年収をチェックしてみましょう。

施工管理の平均年収は、460万円前後となっていますが、これは全体の平均です。

年齢によっても変わりますが、資格取得に実務経験というのもあるため、年齢を重ねつつ経験も重ねる事で、年収も増えていく傾向にあります。

年代別にみると、20代後半では400万円前後~670万円前後、30代前半では480万円前後~1,000万円前後、30代後半では530万円前後~1,200万円前後と同じ年代でも平均に幅があります。

◆年収をあげるための転職

今よりも年収をあげたいために転職する場合、施工管理技士の資格が2級よりも1級の方が、仕事の幅も増えますし、年収も増える傾向にあります。

1級を取得するには、受験資格に必要な実務経験もあるので、転職したいと思いすぐに転職できるわけではありません。

施工管理の仕事は転勤が多い事でも知られています。

会社による違いもありますが大手ほど転勤は多くなるようです。

◆まとめ

施工管理に転職して年収を上げる場合は、転勤に対応できる人の方が優遇される傾向があるので、こういった事も考えておく必要があります。