カラコンのための検眼

カラコンを初めて購入する予定という人で、今までコンタクトレンズは使っていたという人も、とりあえず眼科へ出向いてから買うことが推奨されています。

カラコンは以前のようにコスメ小物として販売することが禁止され、法律改正で「雑貨」から「医療機器」の扱いになっています。

普通にコンタクトを作る時と同様に、眼科医で検眼してもらってから購入するのが基本です。

眼科医での検眼では、ベースカーブ(BC)レンズ直径(DIA)目が悪い人は度数(PWR)が必要になります。

眼科医に予約をする際には、カラコンを作るので検眼してほしいとはっきり電話などで問い合わせておくといいでしょう。

主要駅のコンタクトレンズ用の検眼に慣れている眼科なら、スムーズに検眼をしてくれると思います。

一般的に眼科医の見解としては、ファッションのためにカラコンを着用することにはネガティブな意見を持つ医師も少なくないです。

そのため、検眼に協力的でないところも実際にあります。

わざわざ出向いて行って断られるのも悲しいので、最初に電話で問い合わせてから出向くのをおすすめします。

日頃からコンタクトレンズを作る際にお世話になっている眼科があるなら、度付きのカラコンを試したいからといって、相談するのも良いですね。

検眼には保険証を持参します。

検眼では現在の視力、眼圧検査、目の状態などを見てもらいます。

特に難しい検査や痛い思いはしません。

カラコン使用に際して気を付けたいこと、疑問などは医師に相談しておくのもいいでしょう。

◇お勧めのカラコン購入サイト=>>【クイーンアイズ

Comments are closed.