施工管理への転職を考える

施工管理の仕事場は、建築現場です。

つまり施工管理に転職するには、ある程度建築現場で仕事をした経験がある人が有利とされています。

◆施工管理への転職

施工管理の仕事にもいくつか種類があります。

仕事場が建築現場である事は共通していますが、建築施工管理技士の国家資格を持っていると有利です。

建築施工管理技士は、2,500万円以上の建築現場、または公共の5,000万円以上の工事を行う場合は、その現場に必ず1人は建築施工管理技士の資格を持っている人がいなければいけません。

ただし国家資格である事や、1級と2級ではできる仕事も変わってきますので、他の仕事をしていて、資格も知識も経験もない人は簡単に施工管理への転職はできません。

◆転職先の探し方

施工管理の仕事は専門的な分野になるので、全くの未経験者では転職は難しいでしょう。

建築施工管理技士の国家資格を持っていなくても、施工管理の仕事には種類があるので、経験は必要です。

転職する場合の仕事の探し方ですが、施工管理の求人・転職情報を専門に扱っているサイトを利用すると探しやすいです。

求人も探しやすくなっていますし、転職サポートなども行っているので、それを利用するのもおすすめです。

◆まとめ

施工管理の仕事には種類がありますし、資格などもそれぞれ違ってきます。

工事の規模が大きくなるほど、ニーズは高まりますが、それに伴い施工管理の質も問われます。